ガートナー®社2022年SIEM部門マジッククアドラント™

ガートナー®社2022年SIEM部門マジッククアドラント™

Splunkはガートナー®社による2022年マジッククアドラント™のSIEM (セキュリティ情報/イベント管理)部門で、9年連続「リーダー」に認定されました。ガートナー®社はSIEM市場を、脅威の検出、コンプライアンス、リアルタイムテレメトリ、イベント分析とインシデント調査などのユースケースをサポートするものと定義しています。

レポートは無料でダウンロードしていただけます。その内容は以下のとおりです。

  • SIEM市場の主なトレンド、今後注目の革新的なテクノロジーとアプローチなど。
  • SIEMベンダーの将来への展望や、能力の比較と評価。
  • SIEM市場の主要企業の長所と弱点。

データからインサイトを得てビジネスを保護しリスクを軽減するために、世界中の多くの組織がSplunkをSIEMとして利用しています。セキュリティ監視、高度な脅威検出、インシデント調査など、セキュリティ分析と運用のユースケースに幅広く対応できるため、組織は進化し続ける脅威やビジネスニーズに対応できる柔軟性や俊敏性を維持できます。

SplunkのSIEMを含むセキュリティソリューションは世界中で信頼されています。

  • Slack社
  • Zoom社
  • NYP病院
  • アリゾナ大学

ガートナー社は、同社の研究発表文書に記載されているベンダー、製品、サービスを裏付けるものではなく、技術ユーザーに最高評価またはその他の評価を受けたベンダーのみを選択するよう勧めるものではありません。ガートナー社の研究発表文書では、同社の研究・アドバイザリー組織による意見が述べられており、事実の記述として解釈されるべきものではありません。ガートナー社は、商品性や特定の目的に対する適合性の保証を含む、本研究に関する明示的または黙示的な保証を一切放棄するものとします。

GARTNERは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の米国および国際的に認められた登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。無断複写・転載を禁じます。

ガートナー『Magic Quadrant for Security Information and Event Management』、Kelly Kavanagh、Toby Bussa、John Collins著(2021年6月29日)




Around the Network

Our website uses cookies. Cookies enable us to provide the best experience possible and help us understand how visitors use our website. By browsing bankinfosecurity.asia, you agree to our use of cookies.